kiken2

【注意喚起】買ってはいけないキャットフードとは

 

ペットショップにいくと、沢山のキャットフードを目にします。

種類が多すぎて、どれが猫にとってベストなものなのか分からなくなりますよね。

 

キャットフードは、大きく分けて「レギュラー」と「プレミアム」の二種類があります。

(※レギュラーは普及品、プレミアムは米国飼料検査管)

 

協会が定めている栄養基準をクリアしているものです。

しかし、細かな定義はなされていません。

品質にこだわっているキャットフードを大まかに分類していると考えておきましょう。

 

購入する時に気をつけたいのが、パッケージに表示されている原材料名です。

 

まず、「肉類」とぼんやりと書かれているキャットフードには注意しましょう。

肉類と書かれているものには、肉だけでなく家畜動物の糞や尿、クチバシや羽なども混ぜられているのです。

 

4Dミート」と呼ばれるものにも気をつけましょう。

一見なんのことなのか分からないこの4Dという名前、これは「死にかけ」「障害」「病気」「死骸」の四つの意味が含まれています。

 

この「肉類」は亡くなってから長時間放置し、様々な菌に感染しているものを原料としているものがほとんどなのです。

 

人工添加物」についても注意が必要です。

BHA」や「BHT」と呼ばれる添加物は、殺虫剤などにも使用される添加物だからです。

 

大切な飼い猫にこのようなものが混入しているキャットフードを食べさせるのは恐ろしいですよね。

購入する際にはパッケージの裏の原料をよくチェックして注意しましょう。

 

猫にとって穀物が良くない理由

猫の健康を考えるのであれば日常的に、グレインフリーかどうかに気を付けて、キャットフードを選んでいくのがおすすめです。

グレインは穀物のことで、グレインフリーは穀物が含まれていないキャットフードだよ、という事実を表した言葉です。

 

穀物は人間にとっては、重要なエネルギー元の一つなのですが、肉食系の動物にとっては主食にはなりえません。

 

元々の体の仕組みが肉食系な猫にとって、穀物は消化の難しい物質となるためです。

 

もちろん穀物を口にしたところで、たちどころに体調が悪くなるわけではありません。

慣れ親しんでいるからか好んで口にする猫も少なくはないのです。

 

それでも、飼い主や猫自身が気が付かないうちに症状は進行していきます。

何のきっかけもなくおなかを下したり、毛並みが悪くなったりするのは、そんな穀物をとり続けたことによるトラブルなのではないかと、最近の研究でわかってきました。

 

市場で販売されているキャットフードを見ればわかる通り、大半の製品には穀物が使用されています。

安い穀物は、フードの嵩増しをさせるために非常に有効であり、味付けや加工もしやすいので、メーカーにとってはとても便利な素材なのです。

 

肉や魚を飛び越えて、原材料の一番目に穀物がくるキャットフードもあります。

たまに穀物を食べる程度なら、ほとんど問題はないのですが、毎日穀物をメインにした食事をとるのは、やはり心配です。

 

肉や魚がメインの、グレインフリーのキャットフードを主食にして、体に負担をかけない食生活を目指していきましょう。

安全なキャットフードの見分け方

ホームセンターで見かける安いキャットフード。。。

 

家計には優しいのですが、、、あまり猫にはおススメできない肉類・農薬・添加物が含まれているものが多いです。

 

成分表示に肉骨粉・ミートミールいわばミールと記載されているものは外したほうがいいです。

 

また、賞味期限がやたら長いものはエトキシンという防腐剤が多く含まれていたりするので、「エトキシンは使ってない」と書いてあるものを選んでください。

 

猫の餌は買いだめするのではなく、無くなりそうになったらその都度購入したほうが安全です。

半生フードや小麦粉やトウモロコシなどの穀物が含まれるものは、猫の主たる栄養にはならないのでなるべく避けたほうが良く、低マグネシウムが入っている下部尿路疾患予防に効果的なものを選ぶと良いです。

飼い主が表示をきちんと自ら確認して選んであげることが健康に繋がります。

 

ネットで購入するのであれば、獣医師が勧める5大キャットフードがおススメとなります。

 

その5つとは。

 

オリジンキャット&キティピュリナワンロイヤルカナンカナガンモグニャンです。

 

猫に食べさせてはいけないものとして、チョコレート・醤油や塩・脂の濃いもの・鋭く尖っている鳥の骨や魚の骨・牛乳・冷えたもの・ドッグフードが挙げられます。

 

牛乳は猫が好きと勘違いする人もいますが、猫が飲んでいい飲料水は水・ペット用ミネラルウォーター・人間用ではない子猫用ミルク・ペット用スポーツドリンクだけです。

ホームセンターで購入するのであれば、フリスキーか日清のキャラットシリーズがおススメです。

 

大切な家族だから!キャットフードの選び方

 

◆安すぎるフードに注意

 

栄養バランスが整っており、保存も容易であるために多くの家庭ではネコのごはんとして固形状の乾燥タイプを使っています。

ネコを飼っている人の中ではカリカリなどと呼ばれ非常に親しまれていますね。

 

ですが、そういったカリカリを購入する際に気を付けてほしいのは一定水準の値段層の物を選ぶように意識することです。

毎日与えなければならないご飯。費用もかさむため、少しでも安いものをとつい考えてしまいがちです。

 

しかし、これは人間でも言えることですが食をおろそかにすれば健康を損ね医療費がかかり結果的に大きな損害につながってしまいます。

ましてやネコの場合ペット保険が登場してはいますが、完全に保証をカバーできるわけではないので出来るだけリスクは避けるべきです。

 

なので、異常に安いものは購入しないようにしましょう。

 

◆我が家のオススメフード

 

【モグニャン】: 

栄養バランスと食いつきがいいとのお話を聞き、購入し始めました。

値段はホームセンターの物と比較すると高めです。

 

関連記事:モグニャンの【口コミ・評判】ってどんな感じ?

 

また、1.5キログラムの物しか売っていないことの2つがデメリットです。

ですが、使っている栄養素は公式サイトで紹介されている通りなので安心です。

 

うちの子もお気に入りなのでオススメです。

我が家はAmazonで購入しているのですが、お得さを求めるなら公式サイトで定期便を選択する裏ワザもあります。

 

【懐石】:

夏バテの際などの食欲不振の際に与えています。

しかし、着色料や成分に不安が大きいので、オヤツや特別なとき用にするのがオススメです。

 

◆キャットフードの注意点

 

水は多めに:

固形のタイプは大量の水を必要とします。

場合によっては命に関わるので新鮮な水を常に用意してあげてください。

 

ウエットフード:

栄養素が必要量が多いので毎日のご飯にするのは控えましょう。

 

子猫には:

理解している人が多いと思いますが、ウエットフードや母乳から切り替える時期にはカリカリはお湯でふやかしてあげましょう。