猫の老化・老衰からの回復

うちのニャンコは今年で17歳になる。

17年前にご近所さんから生後2か月のこの仔を頂いてきてから我が家の一員として過ごしてきた。

 

長年連れ添うと「居て当たり前」の様になっていて、私たち人間よりも寿命が短く、早く天に召されるのを頭では理解していたが実感としては無かった。

しかし昨年の秋、とうとう別れを覚悟しなければならない事態が起こった。

 

ある朝、いつもの様にエサをやろうと缶詰を空けていた。

 

いつもなら缶を空ける音でどこからともなくやってきて足元に擦り寄るのだが、その日は準備が終わっても来ない「ん?外に行ってるにかな?」なんて考えていたら、子供が「ピーちゃん(ねこの仮名)がしんどそう!」と半泣きでやってきた。

 

様子を見に行くと、グッタリとして体を伸ばしで動くのさえ辛そうだ。

ともかく病院に連れて行き先生に診てもらう。

 

・・・・16歳でしたね?老衰です。点滴と薬を出しておきますので、少しの間は元気になるでしょうが・・・」との事。

 

年も年なので覚悟はしていたが、いざその時になると何とも言えない寂しさで胸が一杯になる。

帰り際の先生の言葉を聞いた瞬間に涙が溢れてきた。

 

元気になったら、お母さんといっぱい遊んでもらいなさい

しかし諦めきれないのが現実。

 

家に帰ると早速ネットで何か延命できる治療は無いものかと探し始めた。

もちろん不老不死なんて信じてはいないが、出来る限りのことはしてやろう!そう思い探していると ペット用水素水 なるものを見つけた。

 

よくよく調べると「体内の活性酸素を減少させ云々・・・」と色々な効果があると書いてあり、なんせオールマイティーに体に良いという感じだったので早速購入し、毎日毎日、朝昼晩と飲ませてみた。

 

結構なお値段なので一日390円近く掛かるものの、他に頼る物も無いので一週間ほど飲ませ続けると何やら毛艶が良くなった様な・・・。

二週間目になると動けなかった仔が立ち上がって動き出し、1ヶ月もすると減り続けていた体重がドンドンドンドン増えていく。

 

うそでしょ?!」って感じで三か月もすると以前と変わりないヤンチャぶりを発揮して老衰の欠片さへ感じられなくなった。

 

今考えると「ひょっとして老衰じゃ無く、少し元気が無かっただけだったのかな?」とか思いますが、今更、水素水を止める訳にもいかず、お金は掛かりますが毎日飲ませ、今日も元気に飛び回っています。

 

ちょっと信じられないかもしれませんが本当の話です。