活発で人見知りな我が家のロシアンブルー

 

私の家では、純血の「ロシアンブルー」を飼っています。

飼いはじめたきっかけは、ちょうどペットを飼おうと思っていたときに、友人の家で子猫が生まれたので譲りうけました。

 

犬にしようか猫にしようか迷ったのですが、毛が長いと掃除も大変かなと思い、犬にしても猫にしても毛の短いタイプがいいなあと思っていたので、ちょうどいいタイミングでした。

 

生まれてまもなく、私の家に来たときは、小さいながらも、さすがに王室御用達の猫と言う感じで、どこかしら気品を感じました。

目もエメラルドグリーンでとても澄んでいて、スタイルもよく、顔立ちも他の猫に比べてハンサムだと思います。

人間に例えると鼻筋が通ったイケメンになるんじゃないでしょうか?

 

子猫の頃から、すごく活発で一緒に遊んでもらうのが大好きです。

外に出すことはほとんどないので、やはりストレスもたまるかと思い。

時間があればボールや猫じゃらしを使って遊んであげています。

 

大人になった今でも甘えんぼうのところがあり、遊んで欲しくなると、すり寄ってきます。

ただ、ロシアンブルーは人見知りが激しいようで、私の家族以外には、なかなかそばにも行きません。

 

よく家に遊びに来る友人とは、もう何度も顔を合わせているのに、いまだになつきません。

鶏のササミ」が大好きなので、キャットフードでは、鶏のササミをよくかってきてあげています。

 

外国の猫なのに、かつおぶしも大好きなのですが、あまりかつおぶしは与えすぎるとよくないと聞いていますので、たまにしかあげていません。

あげると、すごくよろこびます。

 

とにかくフミフミ!ロシアンブルー

 

 

 

 

人見知りだけれど、甘えん坊なロシアンブルー

 

わが家では、6歳になる男の子の「ロシアンブルー」を飼っています。

家族で外食をしに行った帰りに、ふと隣にあった閉店間際のペットショップをのぞいてみたところ、一匹の猫以外、全部自分の部屋に戻っていたのですが、その一匹の猫がケージの中で夢中でおもちゃで遊んでいて、その姿がとってもかわいく釘づけになってしまいました。

わが家では、主人がものすごい猫好きで、すっかり一目惚れしてしまい、「動物の衝動買いなんて絶対にだめ!」という私の意見もまったく聞き入られず、その場で抱っこさせてもらい、抱っこしてしまうとあまりの可愛さに私も心が動いてしまい、結局購入してしまいました。

 

ペットショップの店員さんも言っていたのですが、ものすごく活発で遊び好き。

そしてとても甘えん坊とのころでしたが、生まれて初めてわが家に到着した時こそおどおどしていましたが、そのうち、家族のお布団にもぐりこんできたりします。

 

一般的にロシアンブルーは、人見知りをして、滅多に鳴かないので「ボイレスキャット」とも呼ばれる、と言われていますが、確かに来客の際はピンポーンと呼び鈴が鳴るとまず一目散に逃げていくのですが、そのうちに恐る恐る様子を見に来て、時にはお客さん膝の上に乗ったりしています。

 

また、私たちの顔をじっとみて、「にゃおにゃお」よく鳴いて甘えてきますし、膝の上に乗ったり、寝ているお布団に入って腕枕で寝たり・・・と本当に甘えん坊でかわいいです。

遊びも活発で、手作りの猫じゃらしでよく遊ぶのですが、ものすごい高いジャンプをしたり、床をはわすとお尻を振って飛びついてきたりと、とても活発です。

元気いっぱいで、甘えん坊なわが家のロシアンブルーは、今では大切な家族の一員です。

 

ロシアンブルーのチャッピーと子猫

 


 

ロシアンブルーの魅力

 

私の実家は、2年ほど前から「ロシアンブルー」の猫を飼っています。

もともと実家では猫を飼っており、その猫が残念ながら3年ほど前に亡くなってしまいました。

そして家族ではペットを飼うことはもうやめようという話をしていました。しかし、私の父が何気なく訪れたペットショップでロシアンブルーの子猫に心奪われてしまい、また猫を飼うことになったのです。

 

ロシアンブルーは透き通ったエメラルドグリーンの目が美しく、ブルーの毛並がとてもきれいで本当に美しい猫です。

なめらかな毛並は触っているだけで気持ちいいです。

立ち姿がこれほど様になる猫もいないと思います。

 

性格は繊細で警戒心が強いです。

以前飼っていた猫は、来客が来ても家の中を歩き回っていたのですが、家のロシアンブルーは警戒して来客の前には姿を見せません。

しかし一方で家族にはよく甘えてきて、そこがまた可愛いところです。

 

そして運動することが好きで、猫じゃらしなどの遊び道具によく反応します。

家の猫は、棒の先にネズミがついている遊び道具がお気に入りで、よく遊んであげています。

また、あまり鳴き声を出さない猫なので、うるさく鳴くことはほとんどないのでオススメです。

 

マンションなどで飼うにはピッタリの猫ではないでしょうか。
ロシアンブルーは美しい猫ですし、飼い主には従順な性格だと言われています。

 

猫を飼いたいと思っている方は、ロシアンブルーを飼ってみてはいかかですか?

 

ロシアンブルーのかわいい子ネコ 茨城県神栖市

 


 

 

 

ロシアンブルー(Russian Blue)の特徴

 

ロシアンブルーは、細いしなやかなラインとシルバーグレーの被毛が特徴です。

すらりとした佇まいは気品があってエレガントな雰囲気です。

ボイスレスキャット」とも呼ばれており、あまり鳴くことのない静かな猫として知られています。

性格は静かで大人しく、人に忠実で飼い主との愛情あふれる猫です。

 

 

 

ロシアンブルー

(Russian Blue)

 

ロシア原産の自然発生種で、ほっそりした短毛猫

鳴き声を上げることが少なく「ボイスレスキャット」と呼ばれている

(画像出典:ウィキペディア)