猫の噛み癖を直すにはどうすればいい?

 

猫を飼った事がない方が、始めて猫に噛まれると大きなショックを受ける様です。

私は好意で遊んであげていたのに、いきなり噛むなんて!」と、言う様な裏切られた様な気持ちになるからでしょうか。

 

しかし多くの場合、これは攻撃の時や、身を守る時に使われる噛むとは異なっている事がほとんどです。

 

子猫にとっては加減しているつもりでも、子猫の歯はするどく尖っている為、人間にとっては強く痛みを感じる事もあるでしょう。

また、親や兄弟と早く引き離された子猫の場合は、兄弟げんかや遊びを通じて、遊びの時の噛む限界を学習する機会が無かった事も、原因の一つかもしれません。

 

いずれにせよ子猫の噛み癖は、人間にとっては大きな負担です。

適切なしつけをほどこして、学習してもらう必要があります。

 

噛み癖の基本的なしつけ方として、噛まれると飼い主が不快に感じる事を猫自身にも理解してもらうアプローチのしつけがあります。

大きな声で叱り、体罰を与える訳です。

 

この場合の体罰は、「子猫に強く噛まれると、親猫になりかわって耳などを噛み返す」、あるいは、「手をグーにして押し返す」、「鼻をピンと指で弾いてやる」等が一般的です。

 

しかし、この方法は問題もあります。

子猫との信頼関係を損ねる可能性があるからです。

 

最悪の場合、飼い主と常に一定の警戒距離を取る様になってしまう事もあります。

 

遊んでいる最中に、一度噛んでしまうと、これ以上遊ばない様にする事を徹底した方が個人的な経験では、良い結果につながる様な気がします。

もっともネコちゃんが、この事を理解してくれるまでの長い時間が必要ではあります。

 

結局の所ネコの噛み癖対策は、性格によっても変わってきます。

一般的なしつけで解決しない時は、個性に応じて対応してあげて下さい。