私も以前、猫を飼っていました。猫は自由気ままなイメージがあります。
しかし、愛情を込めて飼うと家族の一員として必要不可欠な存在になってきます。

猫が家にいるだけで、安心感と幸福感で家庭内が明るくなります。
犬とは違って鎖につながれていない分、目の届かない所の管理が難しいかもしれません。

 

猫は、目を見て話せば人間の言っていることがわかるみたいです。

何度も繰り返し行うことで理解が深まってくるみたいです。
トイレの躾けも忍耐強く行えば、短期間で習得してくれます。

 

キャットフードは、市販品の物でいいと思いますが、私の飼っていたオス猫は尿道結石になってしまいました。

 

獣医に相談して、専用のキャットフードを購入することになりました。

値段は、3200円以上でした。

高い値段だけに、効能は高かったです。

 

猫缶は、猫の好みの物を与えればいいと思います。

私の飼っていたオス猫は、同じ缶詰だとすぐ飽きてしまうので、種類を変えて与えてました。

 

猫は、体内でタウリンを生成できないみたいです。

たまに、甘エビを与えるのもいいかもしれません。

 

動物病院の選択が一番の重要ポイントになると思います。

しっかり検査してくれる病院を探すのが大事です。

 

商品だけ薦めて、検査を怠る病院は辞めたほうがいいと思います。

特に猫の皮膚病の時が、見極めるポイントになります。

 

薬だけ与えるのか、しっかり検査してから薬を与えるのかを確認したほうがいいです。

 

猫の皮膚病の原因はノミが関係してくるので、「フロントライン」という薬を使って防ぐことが肝心です。
間違っても、市販品は購入しないでください。

本物は動物病院でしか手に入らないみたいです。

 

外に出る猫は怪我を必ずします。

怪我で家に帰れなくなる場合があります。

帰ってきても、そのままにせずに病院に連れていったほうがいいです。

 

猫の脱水症状を確認するのが難しく、元気に見えても脱水している可能性があります。

手遅れになる前に必ず獣医に確認してもらいましょう。

 

感染病の予防接種は必ず射ってください。

愛猫を長生きさせるコツだと思います。
猫ベットは、飼い主さん次第だと思います。

猫は自分の好きな場所で寝るので、心配はしなくてもいいと思います。

 

参考: 動物病院の選び方と注意点