猫は温度にとても過敏で神経を使っています。

寒い時は身体を丸めて体温を逃がさないようにします。

反面、暑いときは長~く身体を伸ばして体温を放出します。

 

猫の寝姿で猫が、どのくらいの温度に感じているかを計ることが出来ます。

 

寒いときに足を身体の中に丸めて座る「箱座り」は足の肉球から熱が逃げないようにしているのです。

 

猫は寒さよりも暑さの方が苦手です。

暑い場合の体温調整は、とても難しいからです。

暑いときは身体を伸ばして四足の肉球から必死に熱を逃がさなければなりません。

 

エアコンのない締め切った部屋では熱中症になる危険性もありますので室内は高温になりすぎないように気を付けましょう。

また、エアコンが付いてない部屋での体温調整も必要ですので、部屋の出入りは自由に出来るようにしておくのも大切です。