我が家のヒマラヤン

 

我が家には猫が二匹います。

アメショー」と「ヒマラヤン」です。

私はヒマラヤンの性格が大好きです。

この猫はとても穏やかで、まるで大人のように静かなところがあります。

 

他の猫が遊んでいても、自分だけ寝ていたり違う事をしているのもしばしばです。

そして決してわがままを言わず、かまってほしくて私のところに来てもかまってもらえないとわかると、すぐにそっぽを向いて行ってしまうのです。

しつこくないところがとてもいい性格だと思うのです。

 

毛が長い長毛種なので、見た目とても高級な感じを漂わせています。

確かに物静かなところが、落ち着いたイメージを思わせるのです。

 

食べ物の面でも、わがままを言わずなんでも食べてくれます。

缶詰なら一缶はペロリと食べてしまうほどなのです。

結構食べるほうだと思います。

 

寝る時も自分の寝るスペースで寝て、遊ぶ時も場所を決めて遊んでいるような気がします。

 

私はよく猫じゃらしで遊んであげますが、少しそばえて知らん顔して行ってしまうという感じなのです。

いつまでもその遊びを続ける事がありません。

何かに挑戦しようという雰囲気もなく、家ではのんびりとゴロゴロしているのです。

 

家にお客さんが来た時は、必ず違う部屋へ行ってしまいます。

たまに同じ部屋にいたとしても、自分がくつろげないとわかったらすぐに違う部屋へ移動しているのです。
おとなしくて飼いやすい猫です。

 

もみもみ猫ルナ ヒマラヤン

 


 

ヒマラヤン可愛いですよ!

 

猫大好きで、「ヒマラヤン」が居ますがかなり可愛いですよ!

 

ふわっふあの毛並みがなんとも言えない癒しです!
ふわふわで大人になると、大きく見えがちですが実際はそんなに大きくないと思います。

 

我が家の猫は大きめと言うか、重いんですが…(笑)

 

ヒマラヤンは白と濃い茶色の二色なところがお洒落で気に入ってます!
パッと見てすぐにヒマラヤンだと分かりますしね。

 

メスなんですが、物凄く温厚ですよ。
ドンとしてるというか、乱暴な所を見た事がないです。

 

いつもわたしのお腹の上で寝てるんですが、朝起きるとお腹の部分が重たくも暖かく、幸せです^ ^

 

猫は基本的に室内で飼うものだと思いますが、我が家の猫は出入り自由で、勝手に外に出て行って、夕方になると帰ってきます。

玄関の前で「にゃーお」あけて〜!と鳴きます。

おかえり〜と、出迎えると、ご飯頂戴と足にスリスリしてきます。

 

必ず帰ってくるので、多分賢いんじゃないかな?と思います。
ちゃんとマンションの部屋番号まで分かっているので!
親バカですね^^;

 

一度だけ、お外で一緒に遊んでいたらセミを追いかけ回して、仕留めてしまったことがあります。

その時は衝撃でしたね…
本能が目覚めたのか…じゃれていると思っていたら、手で攻撃して咥えてました^^;
さすがに叱りましたが、それ以降はそういった事は無いですね。

 

基本的には猫缶を食べてますよ^ ^

 

ヒマラヤン猫のレオ イスでジャンピング

 


 

 

ヒマラヤン(Himalayan)の特徴

 

ヒマラヤンキャットはペルシャ猫とシャム猫を掛け合わせて誕生した猫種です。

上向いた鼻が、とてもお茶目でチャーミングです。

モッフモッフの長い毛が特徴で手触りは格別です。

 

性格はペルシャに似ていて温和でおとなしめです。

のんびりとしていて躾もしやすいので初心者さんにお勧めの猫です。

 

頂戴をするヒマラヤン猫のジェイ

 

 

 

ヒマラヤン

(Himalayan)

 

ペルシャとシャムの交配によって作られた猫種

ヒマラヤウサギに似ているのでヒマラヤンと命名された

(画像出典:ウィキペディア)