可愛い可愛い猫ちゃんですけれども、
猫ちゃんの中にはちゃんと野獣の本能が眠ってます。

 

国内でも暖かめの地方に住んでる皆さんは、
害虫退治にも気を使ってると思いますが、
害虫は育ち盛りの猫ちゃんにとってかっこうの獲物です。

 

私が住んでいる所も、一般的なレベルで、
ゴキちゃんがたまにいらっしゃる場所なんですが、
ゴキちゃんは、人間に見つかると、
憎たらしいくらいの素早さで逃げますけれど、
何故か、育ち盛りの猫ちゃんに見つかって睨まれると、
途端に動きが遅くなるんです。

 

ホントに不思議ですよ。

傍でじっと見てると、

 

おい、ゴッキー、お前いつからそんなにのろまになったんだ?
 お前の命は風前のともしびなんだぞ。
 早くいつもの様に逃げないとダメじゃないか。

…と、逆にゴキちゃんを助けてやりたくなるくらいです。

 

育ち盛りの猫ちゃんがゴッキーをみつけると、
子供がオモチャを見つけた様に、万歳して立ちあがって喜びます。

 

そして狩りをする姿勢になって、猫パンチ!猫パンチ!

 

不思議な事にゴッキーは猫ちゃんに見つかった途端に、
魔法にでもかけられた様に動きが鈍くなるんです。
それともあれはわが家の猫ちゃんだけの特技だったんでしょうか?

 

そんな我が家の猫ちゃんが、狩りをする姿勢になって、
猫パンチをするまでの五秒くらいの間、
ゴッキーはまるで罠にはまった様にジタバタと、のろのろ歩くんですね。

 

そして、よ~く狙いをすまして猫パンチの連打。

 

また面白い事に、猫ちゃんは、ノックアウトしているゴッキーを、
前足の爪と肉球の間に挟んで、人間の様に掴んで立ちあがるんです。

 

たまにそれをポロっと落としてしまうと、
今度はまた人間の様に両方の前足で掴んで口に持って行って、
ほぼ丸飲みする様に食べちゃいます。

 

不思議ですよ~。
猫缶やキャットフードや、他の食べ物の時の様に、口を近づけて食べないで、
前足で手づかみする様にして後ろ足でしゃがんで、
上半身で立って食べるんです。

 

人間の真似をしている様に観えちゃんです。