猫が普段以上に顔や耳の後ろなどを洗っていたら、雨が降る可能性が高いです。

昔から「猫が顔を洗うと雨が降る」と言い伝えられてきました。

 

この理由は、猫が湿気を嫌うからです。

猫は、顔に着いた湿気でベタベタしているのを懸命に取り除いているのです。

 

もし猫がいつも以上に顔を擦っていたら低気圧が接近中です。

曇り空ならば、傘を持って外出するが吉です。

 

口の周りをしきりに舐める

 

しきりに口や鼻の周りをなめることがあります。

この場合は、気持ちの迷いが生じています。

 

逃げ出したいけど、好奇心で近寄ってみたいなどの行動に迷いが生じたときに一度、口の周りを舐めて次の行動に移りやすくしています。

気分を鎮めて落ち着くための行動です。