家族がペットショップに勤めている」からショップで犬猫を求める人の現状はよく聞く。

子猫はとにかくかわいい、愛くるしい。

だからこの子のためにとついつい首輪、おもちゃ、トイレなどグッズのことに頭が向いてしまうお客さんがほとんどだという。

 

店員とすればいい飼い主さんに出会って健康で終生過ごして欲しいと願う。

誰かのところから里子に貰った捨て猫を拾った以外、ショップで求める場合は購入を決めた段階で「保険」、「ワクチン」、「フード」などの説明をする。

予防接種は必ずしてほしいし、毎日食べるフードは気をつけて欲しいと散々説明するらしい。

高いフードに躊躇する人も多いとか。

 

特にオス猫には尿管結石になる子が多い。

となると尿が出なくなって苦しんだあげく病院で点滴やら注射やら嫌な思いをさせ高い治療費を払わなければならない。

 

治療用としてのフードを食べさせればそれだけで治ってしまうことがほとんど。

 

 

人間と同じで毎日食べるものが大切と口をすっぱくして説明すると聞く。

治療用のフードはドライだから出来れば常日頃缶詰にしていると病気になった時困ることもあるからドライフードにしておいた方がいいかも。

 

必ず必要なものはフード以外はトイレ。

おもちゃは結構身の回りにあるもの、ヒモとかで子猫のうちは遊んでくれる。

猫ちゃんの場合特にしつけなどしなくてもトイレは覚えてくれるので苦労はないだろう。

飼い主さんは清潔にしてあげたらそれでいい。

 

動物病院も評判を聞いてかかりつけを決めておいた方がいい。

年に一度のワクチンも必ず受けるべき。

家族にすると決めたのなら責任を持って迎えてあげてほしい。

 

一番大切なのは健康で一生を送れることなのだからそれを一番に考えることだと思う。