猫がマーキング(おしっこを掛ける)するのは自分の縄張りをアピールするための行動です。

狩猟動物の本能によるものです。

 

とくに去勢されていないオス猫は、突如室内でもマーキングを始めることがあります。

この原因は、近所の雌猫に発情したときや、室内で二匹以上の猫を飼っている場合に猫同士の上下関係に変化が見られた場合、過度なストレスなどによって起こります。

 

トイレの躾けとは違い、マーキングの矯正は手間と時間が掛かります。

まずはストレスの原因などを考えて、今まで以上に一緒に遊ぶ時間を多くとって愛情を注ぎましょう。

 

一度マーキングをしてしまうと習慣になりがちなので、それを回避する「 マーキング 忌避剤 」を購入してつかいましょう。

 

 

猫が嫌うアルミ箔で多い隠すのも良い方法です。

室内で猫を飼う以上はマーキングの問題は、よくあること。

しっかり対策して習慣づけないように心がけましょう。

 

猫が専用トイレ以外の場所でおしっこをする

 

専用トイレ以外の洗面所などでおしっこをするようになる場合は、環境に対する不満の表れと考えられます。

自分のトイレを掃除してもらえなくて汚くなっていた場合に、飼い主にアピールする目的でトイレの場所を変えたりします。

マメにトイレは掃除して綺麗にしておいてください。

 

他にも遊んでもらえないストレス状態が続いたときに、不満の表れとして他の場所におしっこします。

一度習慣になったしまうと、繰り返す可能性があるので早期に対策しましょう。