ansin2

1. 安全なキャットフードの選び方のポイント

 

最近では実に様々なキャットフードが販売されていて、お値段も手頃になっています。

 

しかし飼い主として気を遣うのは、値段よりもそのキャットフードが安全かどうか?という点です。

 

大切な飼い猫の為にも、安全なキャットフードの選び方を知っておきましょう。

 

① タンパク質をメインにしていること

 

猫は本来肉食動物です。

 

その為に、穀物を消化するのは苦手で、穀物が入っているものは避けた方が良いでしょう。

 

キャットフードに記載されている原材料を良く見て、グレインフリー(穀物不使用)であるもの、「肉」「魚」など、たんぱく質をメインに使用しているキャットフードを選んでください。

 

② 肉の種類に注意して

 

値段が安いキャットフードの中には原材料に「ミール」「副産物粉」と記載されているものがあります。

 

これらの商品には「4Dミート」と呼ばれる肉が入っています。

4Dミートとは「死んだ動物(Dead)」「死にかけている動物(Dying)」「病気の動物(Diseased)」「怪我をしている動物(Disabled)」の肉のことです。

 

飼い猫に食べさせていると、口臭や便の臭いが強くなることもありますので極力避けてください。

 

③ 無添加であること

 

人間同様、猫にも添加物の影響が心配されます。

特に市販のキャットフードには、色が鮮やかなものもありますが、人工着色料を使用しているからです。

 

着色料や酸化防止剤などが入っていると発がん率が高くなる可能性もありますので、注意しましょう。

 

多くの人はどんなものでも「国産の方が安全!?」と思いがちですが、意外とキャットフードは国産よりもイギリスやアメリカ産のものの方が高品質であることが多くなります。

海外産も選択肢に入れてみると良いでしょう。

 

2. 猫の健康に一番いいのはカリカリです

 

キャットフードの種類は大きく3種類あります。

一般的に「カリカリ」と呼ばれているドライタイプのもの、缶詰やパウチなどウェットタイプのもの、その中間のソフトタイプ(セミモイスト)の半ドライタイプです。

 

獣医さんによると、猫の健康に一番いいのは「カリカリ」だそうです。

 

食後にお皿を洗うのも楽で手間も省けるのですが、猫にとってはあまりおいしいものではないらしいです。

 

缶詰は塩分が高く、猫が将来、生活習慣病にかかる可能性が高くなるのです。

その中間としてソフトタイプが出てきたようなのですが、水分が多くて腐りやすいため、添加物が多いのが課題です。

 

一般的に、日本製の国産キャットフードは、外国産のものに比べて添加物が多い傾向があります。

一方で外国産のキャットフードは安全性の基準が厳しく、添加物は最小限に抑えられているので安心感が高くなります。

 

その分、外国産のキャットフードは値段も高くなるのががネックですね。

orijin

値段を気にせず選ぶなら、カナダ産のオリジン (Orijen)のキャットフードです。

 

高タンパクで穀物は不使用、猫が本来食べているものを原料にしていて、評価が高いです。

その分、値段も高めで、高級キャットフードと言われています。

pirina

経済的にオリジンはちょっと辛い…という場合には、ピュリナ・ワン・キャットがおススメです。

 

アメリカ産で、年齢や体調(避妊・去勢した猫用とか、太り過ぎケアとか)に合わせていろいろな種類が出ています。

味もチキンやターキー、サーモンなど猫の好みに合わせて選べますよ。

kanan

あとは、フランス産のロイヤルカナンもコストパフォーマンスがよくおススメです。

 

ロイヤルカナンは生産拠点を韓国に移行予定で、そうなると原材料を中国から調達するのでは、と心配されていますが、今のところ韓国工場で生産されたものを日本で販売する予定はないらしいので、安心してよいと思います。

 

3. キャットフードを品質で選ぶ際にポイントとは

 

キャットフードの品質は大別すると「レギュラー」と「プレミアム」に分類する事が出来きます。

 

レギュラーは普及品です。

一方のプレミアムは米国飼料検査官協会の栄養基準をクリアしたモノを指します。

 

なので安全なキャットフードを選びたい人は品質重視のプレミアムのキャットフードの中から選ぶのがベターです。

 

さらにチェックすべきポイントが添加物などの成分が配合されていないか、原材料、原産国と生産者です。

 

ちなみに、なんとなく国産が安心かな。。といったイメージが強いかもしれません。

 

たしかに食品に関しては国産の方が安全性が高いと言えますが、キャットフードの場合は残念ながら国産は外国産に劣っています。

 

その理由は、日本ではキャットフードは食品に分類されていないからです。

 

反対に動物愛護先進国のイギリスではペットフードにも人間用の食品と同様の厳しい基準があるのでより安全と云えます。

 

また農業大国のオーストラリアはホルモン剤、抗生物質、遺伝子組み換え飼料が厳しく規制されています。

なのでイギリス、オーストリアをはじめ、アメリカ、ドイツ、カナダ、フランスなどの商品がお勧めと言えます。

 

あと、原材料をチェックする際には〇〇ミールと記載されたモノは消化しにくくアレルギーを起こすリスクがあります。

チキン、サーモンなどの原材料が使用されたキャットフードを選びましょう。

 

私のお勧めのキャットフードは安全なキャットフードという点から厳選すると

 

Fotolia_136758947_XS

チキンがメインなら・・・カナガンキャットフード

 

詳細記事:カナガンはどうして安全なキャットフードなの?

 

sakana

白身魚がメインなら・・・モグニャンキャットフード

 

詳細記事:モグニャンの【口コミ・評判】ってどんな感じ?

 

いずれも、品質管理が徹底されている人気キャットフードで、リピーターが多いのが特徴と言えます。

 

キャットフードの注意点としては安価なモノと比較して安全なキャットフードは値段が高くなってしまいます。

 

愛猫の健康の為に高品質なモノを選ぶことは重要ですが、長期的に購入する必要があるので自分が無理せず購入できる範囲内で安全性が高いモノを選ぶことが大切です。