syokuzai2

ふわふわとやわらかく、気品に満ちた猫は、見ているだけで幸せな気持ちになりますよね。

そんな可愛い猫が人間の食べているものをほしがると、ついなんでも与えてしまいたくなります。

 

でも同じ動物とはいえ、人間と猫では消化能力や必要な栄養素が異なっているため、人間には大丈夫でも猫には毒となってしまう食べ物が意外と多いのです。

特に危険な食材をご紹介しますので、うっかり与えないように気をつけましょう。

また、猫が誤食をしないように、保管場所にも注意してくださいね。

1.タマネギやネギ、ニラ、ニンニク

これらに含まれるアリルプロピルジスルファイドという物質を猫は消化することができないので、下痢や嘔吐を引き起こすばかりか、赤血球を破壊し、溶血性貧血や肝臓障害という命に関わる重篤な疾患をまねく場合があり、非常に危険です。

そのままのネギ類を猫がほしがることはありませんが、ハンバーグやミートソースを食べてしまうことがありますので、充分気をつけてあげましょう。

2.砂糖が入った菓子類

動物には砂糖は不要なものです。

虫歯や歯肉炎、肥満の原因になるだけなので、人間用の菓子類は与えないのが一番です。

 

特にチョコレートには、テオブロミンという猫が消化・分解できない物質が含まれていて、中毒症状を起こす危険性があります。

ほしがっても絶対与えないでください。

3.アルコールやカフェインが含まれる飲料

これらを猫がほしがることは稀ですが、どちらも猫には刺激が強すぎ、体調を崩す原因になります。

特にアルコールは猫の肝臓では分解できませんので、絶対に飲ませてはいけません。

4.貝やイカなどの魚介類

いくつかの貝に含まれるフェオフォーバイドは皮膚炎の原因に、イカや二枚貝に含まれるチアミナーゼはビタミンB1欠乏症の原因になりますので、食べさせないようにしましょう。

少量なら影響はないものの、味を覚えてほしがるようにならないように、最初から与えないのが無難です。

 

これらのほかにも、誤飲のおそれのあるものや、濃い味付けのものなど、猫にとって危険な食材がありますので、人間と同じものを食べさせるのはやめ、猫の必須栄養素に配慮したキャットフードを与えるようにしましょう。

もし欲しがっても、猫の健康のために我慢してくださいね。