猫がトイレでウンチをしたあとに砂をかける仕種をするのをよく見かけます。

一生懸命に猫砂をかけて隠しているのを見るとキレイ好きで感心だなぁと思います。

しかしながら猫の気持ちは綺麗にしているつもりはありません。

 

ウンチに砂をかける習性は周囲の敵から自分の存在を知られないようにするための防衛本能からきています。

自分の居場所は気づかれにくくして、しかし仄かに匂わせることで、さりげなくテリトリーであることを主張しています。

 

野生のボス猫はウンチをしても砂をかけないと言います。

家で砂をかける行為には、自分はこの家のボスではないよ・・・という気持ちが表されています。