猫の気持ちが知りたいにゃん ~初めて猫を飼う方へのアドバイス~


猫の習性を知っておこう



始めに猫を飼う前に「猫の習性」を知っておきましょう。


高いところが好き


もともと猫は「高い場所が好き」なので、棚や家具の上などに上りたがることが多いです。
人間から見ると、小さな猫にはとても上がれないだろうと思っていたような場所にも、突然ジャンプしたり、飛び伝いなどして、上ってしまうことがあります。
それにより、物が落ちて壊されたり、猫に食べさせていけないものを誤食してしまったりという危険な事故が起きることもあります。
高いところには壊れやすい物を置かないようにし、棚などは開けっ放しにしないこと。食べ物も猫が開けられないような容器にしまっておくことが必要です。


狭いところも好き


猫は「狭い穴も好き」です。
入られて困る場所は初めから塞いでおくようにしましょう。
逆に、猫の楽しみのためにも、入っても良い箱や袋などを幾つか用意しておいてあげると良いでしょう。


暖かい場所が大好き


また猫は、「温かい場所も大好き」です。
暖房器具はもちろん、電気ポット、炊飯器などの上に乗りたがることがあります。
危なくないように配置などを工夫してあげることはもちろん、低温火傷などになっていないか、時々、体をチェックするなど気を付けてあげましょう。

それ以外でも、病気などの早期発見のためにも、常に異常がないか、体を見てあげることは大切です。
ただ猫は機嫌が悪いと、飼い主にも体を触られるのを嫌がることがあります。

そういう時に無理に見ようとすると、信頼を損ねて、何でもない時まで触られるのを嫌がるようになったりもするので、無理強いはしないように。
猫の機嫌の良い時に遊ぶだけではなく、意識して見たり触ったり確かめてください。


動物病院を探しておこう


あまり水を飲みたがらない猫もいます。
元々それほど水を必要としないとは言われていますが、あまりにも飲まない場合は、餌を食べる時に水分を加えるようにして水分を摂らせてあげてください。

猫は下痢などで急に体調を崩すこともあるので、いざという時に慌てないように、日頃から情報を集めて「信頼できる動物病院」を探しておきましょう。



2~3ヶ月親元で育った子猫を貰おう



親元にいる猫でしたら、最低でも2カ月、出来れば3カ月待ってからもらってください。
小さいほうが可愛いのはもっともですが、親元に長くいればいるほど、いい猫になります。
どんな猫がいいか?環境順応力にたけ、怖がりではなく、頭の良い猫です。

親元から早く離した子猫は、怖がりで、しかも攻撃力を加減することを知りませんから、ほんのちょっとしたことで、飼い主を噛みます。
猫が噛むなんてたいしたことないじゃん」、って思うのは間違いです。
成猫が本気で噛んだら、人の皮膚には簡単に穴が空きますし、深く細い穴は必ず化膿しますから。

許容力のない猫は、ブラッシング、爪切り、治療、あらゆる部分で恐怖を感じ、その恐怖心から躊躇なく攻撃してきます。
猫の攻撃は、爪も4本(足も相当の凶器です)、歯での噛みつきと犬より破壊力は劣るものの、柔軟性では秀逸です。

そのような事態を、たった2~3カ月、親元で過ごすだけで軽減します。
猫は運が良ければ20年生きる生き物ですから、可愛い盛りではありますが、ちょっとだけ我慢しましょう。
出来れば親ものに何回か通って触っていれば、より親密さが増すと思います。

猫は自分勝手と思われがちですが、全然そんなことはありません。
暖かい心を持ち、人に寄り添って生きる生き物です。
決して叩いたりせず、なるべく体を撫でて刺激を与え、おもちゃで遊んであげると、生き生きとした感情表現豊かな猫になります。

性成熟するとオスはおしっこをを後ろに飛ばすスプレー、メスは発情期でギャアギャア鳴いたり、外に出たがったりしますから、半年くらいで「去勢、避妊手術」をするほうがいいと思います。
最近は交通事故や近隣の迷惑などを鑑みて、外に猫を出さないほうがいいと言われますから、生活上の快適さのためにも、去勢、避妊手術をお勧めします。



猫を飼う前に準備しておく物



猫と、初めて一緒に暮らすようになった時って、楽しみだけれどきちんと一緒に生活していけるのか不安でもありますよね。
猫が安心して暮らせるために、そして人間も快適に暮らせるために、事前の準備も大事になってきます。

まずは、事前に購入しておくと良いものです。
最低限ないと困るのは、「トイレ」、「トイレチップ」、「ご飯」、「ご飯とお水を入れる器」、「おもちゃ」、「爪切り」でしょうか。

私達人間でも、いきなり知らない家に連れて行かれて、全く違う環境に身をおいたら環境に慣れるまでに辛い思いをします。
少しでも猫の不安を和らげるためにも、できることならご飯は里親の家で食べさせているものを聞いて同じものを準備しておくと良いかもしれません。

最初は同じ食べ物からスタートし、家に馴染んできたらだんだん違うものをあげればよいので。
生後2~3ヶ月くらいの場合は、離乳食用のキャットフードが一番良いのですが、スタートだけは里親の家であげていたもののほうが食べてくれると思います。

猫って臭いにとても敏感な動物なので、里親が知人ならば、普段使っている「トイレの砂を一掴み」だけもらって自宅のトイレに入れておくと、猫が臭いでここがトイレだと分かって安心できます。

他に猫がいない場合には、寂しさ対策として子猫と一緒くらいの大きさのぬいぐるみを準備しておいても良いですよ。

おもちゃについては、私も猫を10匹くらい今までに飼ってきましたが、昔ながらの「猫じゃらし」が一番誰でも食いつきが良いです。
とはいえ、子猫はおもちゃを見つけるのも上手いので、家に置いてある小さなボールやダンボール、タオルなど何でもおもちゃにできてしまうので、あえて買わなくても良いかもしれません。
特に「ダンボール」は、遊んだり寝る場所としても使えるので、小さめのものを置いておくと喜びますよ。

それと、家具の配置も見直して下さい。
猫は、「上下運動」がとても大事なんです。

なので、「キャットタワー」を置いたり、家具の配置を段々になるように工夫して、猫がしっかりと上下運動できるように工夫します。
我が家では、「天井突っ張りタイプ」を設置しています。

これだけ準備しておけば、当面は大丈夫なので、あとはその都度必要なものを買い揃えればよいでしょう。



猫のご飯ドライフードと缶詰の比率は


昔の猫ちゃんのご飯と言えば「かつお節をまぶしたご飯だったり、お味噌汁をかけたりしたものだった」と母などは言います。
そのようなエサをあげている人は今はきっと少ないでしょう。

スーパーやドラッグストア、ホームセンターなどでもペットフードコーナーはかなりのスペースを占めていて、選ぶ時に迷います。
人間が見ても美味しそうな缶詰の数々を見ると、これを毎日食べさせるのはちょっと贅沢じゃないのかと思う値段も多数です。

私は「 ドライフード 」が7割、「 缶詰 」を3割って感じで与えています。

猫の方も缶詰の時のテンションは見ていて嬉しくなるのでドライフードだけにするのは止めています。

飼う猫の種類によって、ドライフードの種類を変えた方が良いこともあります。
毛の長い猫ちゃんの場合ですよね。

猫はとてもきれい好きで、自分の身体をきれいに身づくろいします。
身体を舐めてるので毛を沢山のみ込んでしまうんです。

時々その毛を塊にして吐き出すことがあるんです。
エサを変えることでのみ込んでしまった毛を排泄する助けをするものもあります。
野良猫や昔はよく見かけた放し飼いの猫などは家の中で毛玉を吐かないので知らない人も多いようですね。

猫は毛玉を吐くために野草などを食べて吐き出しやすくすることもあるのです。
なので吐いたからと言って別に慌てることはないですが、あまり家の中で吐いてもらいたくない人などは排泄させやすいエサにした方がいいのかも知れません。

食べることは人間も猫も大切なことなので、安さだけに傾くことなく時々は猫ちゃんが大喜びする大好物を用意してあげましょう。
褒めてあげたい気持ちを表す時に私は奮発しますよ。




時々食欲がなくなる様子を見た時は「 猫 マタタビ 」も試します。

あまり与えすぎないようにしますが、それで元気になったこともあります。

ただ、掛かりつけの動物病院は決めておくことは忘れてはいけませんね。
犬よりも病院代は少ないと思われがちですが、生き物ですから気をつけて見てあげてください。



猫のトイレの躾け方法



生き物ですから、食べればうんちやおしっこが出ます。

近年は、猫を家の中で飼う事が多くなりました。
すると、どうしてもうんちやおしっこも家の中でする事が多くなります。

子猫の内は、一人であまりよく出来ないかもしれませんが、躾けると一人で出来る様になります。

色々なサイズのおしっこシートが売っています。
猫の大きさによって、猫の体よりも4倍ほどある様なサイズのシート「 使い捨てペットシーツ超薄型 」などが売っています。

それを、猫がおしっこをしそうな場所に置いておくだけで良いのです。
食事をした後に、猫が床の匂いを嗅ぐような真似をする時があります。
壁の方を歩き出したりした時などに、床にする事があります。

シートの上でしないようでしたらば、後を付けていって、お尻を下げた時に素早くその下にシートを敷いてあげると良いです。
又、そのシートの場所が判らない時には、ここだよと判る様になるまでの間、シートに匂いで場所を知らせる「しつけスプレー」も売っています。

一ヶ月ほどは、自分で出来ない事もありますので、根気良く教える事が肝心です。
おしっこをしたそうな時には、「こっちだよ」とシートのある場所を促してあげる事も大切です。

シートを置いておくと、ビリビリに足で破いてしまう時があります。
その時には、ストレスがたまっている事が多いので、遊んであげる事が肝心です。
おもちゃと間違ってしまっている時もあります。

シートが動かない、破けないように出来るシート固定ケースも売っています。
猫の場合には、砂や砂利の上におしっこなどをする習性もあります。
猫用の砂や砂利が色々売っていて、それをケースの中に入れておけば、その上でするようになります。

ダンボール箱でも良く、箱を大きな袋で被ってしまいます。
そこに砂を入れて置けば良いのです。
汚れた部分だけを取ってしまい、生ゴミに捨てるか、トイレに流します。

猫砂は、「トイレに流せるタイプ」や、「ゴミで出せるタイプ」が、とても便利でおすすめです。



猫の噛み癖を直す方法



猫を飼った事がない方が、始めて猫に噛まれると大きなショックを受ける様です。

私は好意で遊んであげていたのに、いきなり噛むなんて!」と、言う様な裏切られた様な気持ちになるからでしょうか。

しかし多くの場合、これは攻撃の時や、身を守る時に使われる「噛む」とは異なっている事がほとんどです。

子猫にとっては加減しているつもりでも、子猫の歯はするどく尖っている為、人間にとっては強く痛みを感じる事もあるでしょう。
また、親や兄弟と早く引き離された子猫の場合は、兄弟げんかや遊びを通じて、遊びの時の噛む限界を学習する機会が無かった事も、原因の一つかもしれません。

いずれにせよ子猫の噛み癖は、人間にとっては大きな負担です。
適切なしつけをほどこして、学習してもらう必要があります。

噛み癖の基本的なしつけ方として、「噛まれると飼い主が不快に感じる」事を猫自身にも理解してもらうアプローチのしつけがあります。
大きな声で叱り、体罰を与える訳です。

この場合の体罰は、「子猫に強く噛まれると、親猫になりかわって耳などを噛み返す」、あるいは、「手をグーにして押し返す」、「鼻をピンと指で弾いてやる」等が一般的です。

しかし、この方法は問題もあります。
子猫との信頼関係を損ねる可能性があるからです。
最悪の場合、飼い主と常に一定の警戒距離を取る様になってしまう事もあります。

遊んでいる最中に、一度噛んでしまうと、これ以上遊ばない様にする」事を徹底した方が個人的な経験では、良い結果につながる様な気がします。
もっともネコちゃんが、この事を理解してくれるまでの長い時間が必要ではあります。

結局の所ネコの噛み癖対策は、性格によっても変わってきます。
一般的なしつけで解決しない時は、個性に応じて対応してあげて下さい。



動物病院で去勢・避妊手術を受けよう



うちのネコは、女の子が1匹、男の子が2匹です。
女の子はママネコですが、出産後に、「避妊手術」をしました。

子供たちも、生後半年後にみんな「去勢手術」を受けました。

手術をするのに、どこの動物病院へ掛かるか、悩みますよね。
調べてみると、近所に結構たくさん動物病院があるはずです。
うちの周りにも、たくさんありました。

いままでお世話になったことが無かったので、手当たりしだい、電話してみると、手術の費用って、本当に差があるのです。

一番高いところは3万5千円でした。
安いところが1万5千円です。

これは、女の子の避妊手術代です。
その差は、2万円

その差の分だけ、技術が高いのかもしれませんが、こちらには判断できません。
結局、ぺットを飼っている人に色々聞いて、評判の良い動物病院で手術しました。

すぐに手術してもらえるのかと思っていたら、予約日は3ヶ月後でした。

人気のある動物病院では、病気の診察が多いので、一日に避妊手術は数件だけと決めているところが多いです。
ですから、うちも同じ日に全員の予約をいれることができず、3日間に分かれました。

子ネコはあっと言う間に大きくなります。
男の子は、早い子で3ヶ月後にはマーキング行為をし始めますので、家の中のいろんな場所におしっこしちゃうこともあります。

早めに手術しておけば、そういう行為もなくなりますから、最初の健康診断に行った時に、手術の日について、相談するといいですね。

病気になることもありますから、ネコ保険に加入するのも考えてもいいと思います。
ネコは、動物保険の中でも保険代が一番安いので、1,000円くらいですむ保険会社もあります。
※( ネコ保険の資料一括請求について

病気になると治療費が高いので、一匹飼いだったら安心料として「保険加入」しておくことをお勧めします。





老衰からの回復




うちのニャンコは今年で17歳になる。
17年前にご近所さんから生後2か月のこの仔を頂いてきてから我が家の一員として過ごしてきた。

長年連れ添うと「居て当たり前」の様になっていて、私たち人間よりも寿命が短く、早く天に召されるのを頭では理解していたが実感としては無かった。
しかし昨年の秋、とうとう別れを覚悟しなければならない事態が起こった。

ある朝、いつもの様にエサをやろうと缶詰を空けていた。
いつもなら缶を空ける音でどこからともなくやってきて足元に擦り寄るのだが、その日は準備が終わっても来ない「ん?外に行ってるにかな?」なんて考えていたら、子供が「ピーちゃん(ねこの仮名)がしんどそう!」と半泣きでやってきた。
様子を見に行くと、グッタリとして体を伸ばしで動くのさえ辛そうだ。
ともかく病院に連れて行き先生に診てもらう。

・・・・16歳でしたね?老衰です。点滴と薬を出しておきますので、少しの間は元気になるでしょうが・・・」との事。

年も年なので覚悟はしていたが、いざその時になると何とも言えない寂しさで胸が一杯になる。
帰り際の先生の言葉を聞いた瞬間に涙が溢れてきた。

元気になったら、お母さんといっぱい遊んでもらいなさい
しかし諦めきれないのが現実。

家に帰ると早速ネットで何か延命できる治療は無いものかと探し始めた。
もちろん不老不死なんて信じてはいないが、出来る限りのことはしてやろう!そう思い探していると「水素水」なるものを見つけた。

yajirusiペットの水素水・スパペッツの詳細

よくよく調べると「体内の活性酸素を減少させ云々・・・」と色々な効果があると書いてあり、なんせオールマイティーに体に良いという感じだったので早速購入し、毎日毎日、朝昼晩と飲ませてみた。
結構なお値段なので一日390円近く掛かるものの、他に頼る物も無いので一週間ほど飲ませ続けると何やら毛艶が良くなった様な・・・。

二週間目になると動けなかった仔が立ち上がって動き出し、1ヶ月もすると減り続けていた体重がドンドンドンドン増えていく。
うそでしょ?!」って感じで三か月もすると以前と変わりないヤンチャぶりを発揮して老衰の欠片さへ感じられなくなった。

今考えると「ひょっとして老衰じゃ無く、少し元気が無かっただけだったのかな?」とか思いますが、今更、水素水を止める訳にもいかず、お金は掛かりますが毎日飲ませ、今日も元気に飛び回っています。
ちょっと信じられないかもしれませんが本当の話です。



人気の純血猫7種をご紹介

純血種の猫で特に人気のある7種をご紹介します。
今回、実際に純血猫を飼っている飼い主さんからお話しを伺うことが出来ました。
性格や好きな食べ物、好きな遊びなどの実話が参考になります。



アメリカンショートヘア
(American Shorthair)

アメリカでは最も一般的な品種で運動能力の高い中型猫
「アメショー」と略されることも多い

アメリカンショートヘア飼い主さんのお話し



シャム
(Siamese)

タイ原産の短毛猫
古来より王室や貴族など高貴な家系で飼われてきた純血種の代表格

シャム飼い主さんのお話し



スコティッシュフォールド
(Scottish Fold)

スコットランドで発見された突然変異の猫種
折れ曲がった耳が遺伝する「折れ耳猫」

スコティッシュフォールド飼い主さんのお話し



ノルウェージャンフォレストキャット
(Norwegian Forest Cat)

ノルウェー原産で寒冷な気候に適応した長毛種
厚い被毛と大きな体躯が特徴

ノルウェージャンフォレストキャット飼い主さんのお話し



ヒマラヤン
(Himalayan)

ペルシャとシャムの交配によって作られた猫種
ヒマラヤウサギに似ているのでヒマラヤンと命名された

ヒマラヤン飼い主さんのお話し



ペルシャ
(Persian)

16世紀にイタリアに渡来した長毛種の代表格
古くからキャットショーで人気の品種としてブリーダーの注目を集める

ペルシャ飼い主さんのお話し



ロシアンブルー
(Russian Blue)

ロシア原産の自然発生種で、ほっそりした短毛猫
鳴き声を上げることが少なく「ボイスレスキャット」と呼ばれている

ロシアンブルー飼い主さんのお話し




最終更新日: 2016年08月27日